ゆず「YUZU ARENA TOUR2014 新世界」哀しみを消し去ってくれたライブ

スポンサーリンク

思い出のライブとプロフィール

1992年生まれ 神奈川県在住 女性 大学生
ゆず「YUZU ARENA TOUR2014 新世界」
2014年7月20日 横浜アリーナ

セットリスト

  1. 桜木町
  2. 雨のちハレルヤ
  3. サヨナラバス
  4. ほか

ライブにまつわる思い出

私にとって最も思い出に残っているライブは、2014年に行われたゆずの新世界のライブです。

私は高校時代に音楽系の部活に所属していたこともあり、ライブはよく行ってましたが、このライブが最も印象深いです。

その理由は、歌声を聴いてライブで初めて涙を流したからです。

私が涙を流した理由は、私の恋愛事情にありました。当時付き合っていた彼氏に、なかなかひどい理由で振られたばかりで、次の恋愛のことはもちろん、生きる希望すら失っていました。

絶望のあまり食事もろくに通らない状態におり、本当ならライブに行く元気などあるはずもありませんでした。

ただ、前から決まっていた予定だし、チケット代ももったいないし、もしかしたら気分が晴れるかもしれないと思い、重い腰を上げて横浜アリーナへ向かいました。

同じ横浜出身であり、歌がうまいということでゆずのことは前から好きでしたが、ゆずのライブに行くのはこれが初めてのことでした。

967-eyecatch

いざ、ライブが始まってみると、私はゆずの二人が作り上げる歌に引き込まれていく感じがしました。

途中で「サヨナラバス」という曲が流れ、歌詞に耳をすませていくうちに「彼とは別れたんだな」ということを少しずつ実感してきました。このあたりでかなり目元は潤んでいました。

また途中で「桜木町」が流れました。桜木町は私の彼との恋愛をそのまま表しているような歌であり、涙が止まらなくなりました。

桜木町を聞きながら、彼との思い出を振り返り、「きっとこれが2人のためだから」という歌詞を信じようと思いました。ライブの中で、少しずつ心の整理ができてきた気がしました。

そして「雨のちハレルヤ」が流れました。当時、朝ドラの主題歌としてよく聞いていたので好きでしたが、この時をきっかけにもっと好きになりました。

さらば手を振ろう 哀しみ達に 時は流れて 笑顔になれるよ

という歌詞が、本当に胸に響きました。このライブは私を立ち直らせてくれるためのライブと言っても過言ではないくらい、私に勇気と希望を与えてくれました。

そして歌詞の通りに哀しみは消え去り、笑顔の日々を送ることができています。私を救ってくれた素敵なライブに行けたことを嬉しく思います。