AKB48「大島優子 卒業コンサート」雨に好かれてしまったライブ

スポンサーリンク

思い出のライブとプロフィール

1973年生まれ 静岡県在住 女性 主婦
AKB48「大島優子 卒業コンサート」
2014年6月8日 味の素スタジアム

セットリスト

  1. 少女達よ
  2. フライングゲット
  3. 会いたかった
  4. カチューシャ
  5. ヘビーローテーション
  6. ギンガムチェック
  7. 前しか向かねぇ
  8. ほか

ライブにまつわる思い出

本当は3月に国立競技場でやる予定だった卒業ライブだったのですが、その日は朝から雲行きも怪しく、新幹線に乗りながら携帯電話の天気予報とにらめっこしていました。

東京に着いた時は雨が降っていました。「もしかしてヤバイかな?」と思いながらも予約していたホテルに着き、荷物を置いてから国立競技場へ向かいました。

雨がどんどん酷くなっていく中、駅に着いたら同じようにライブにいく方々がたくさん居て「人が多いな〜」なんて思っていたら、駅員さんがマイクを持って「AKBのライブは中止になりました」とのアナウンスが。

私も周りの人達も一瞬静かになり、すぐにざわめき始めました。それでも一目でもと国立競技場に向かって歩き出しました。他の方達も同じ思いだったのだと思います。一斉に同じ方に歩き出しました。

会場にはスタッフも居て、入場券を見せれば中に入る事が出来たのでしっかり入ってきました。芸能人さんの花輪が飾ってあったり、フードを売っていたり、グッズやカタログも売っていました。

晴れてたらココでワクワクしながらライブ始まるのを楽しみにしてたのに……。

ある程度回って気が済んだので、来た道を通って駅に帰ってきました。切符を買う行列がとてもすごくてビックリ。でもそうだよね〜と思いながら、大人しく並んでいました。

とりあえずホテルに戻り、夜になったら飲みに行こうと思ってたのでちょっとゆっくりしてたら外がだんだん明るくなり、雨も止んできて、最終的には晴れました。

「え〜」と思って何気にTVをつけたらちょうど国立競技場が映っていて、大島優子さんがお話しをしてる場面でした。泣きながらでした。

天気も悪く、ファンに怪我をさせてはいけない。危険にさらせてはいけないという理由で、ライブの中止は苦渋の選択みたいでした。もうしばらく国立競技場に居れば会えたのにと思いながら、TVを静かに見ていました。

1118

そしてこのライブの代わりに開催したのが、6月の味の素スタジアムでのライブした。

その日もやっぱり雲行きが怪しかったのですが、東京に着いた時もまだ天気はもっていたので、今日こそは大丈夫と思いホテルに荷物を置いてすぐにスタジアムに向かいました。

前回同様、駅にも道も人がすごくて、グッズ買う行列にも並び、席に着く前にトイレにも並びでちょっと大変でした。

そしていよいよライブが始まりました。席もメンバーの顔がしっかり見れる近い位置でした。

ライブの中盤になった頃、雨が降り出してきました。受付で貰った袋の中にピンクのカッパが入っていたので、着ながらのライブ観戦。大島優子さんが最後、1人で旅立つ演出がちょっとウルっとしてしまいました。

雨に好かれてしまったライブで、思い出に残ってます。