ゆず「桜木町」ほろ苦い失恋を思い出す一曲

スポンサーリンク

思い出の1曲とプロフィール

1992年生まれ 神奈川県在住 女性 大学生
ゆず「桜木町」

曲にまつわる思い出

私にとっての思い出深い曲は、ゆずの「桜木町」です。

私は、今まで経験してきた恋愛ごとに決まった、テーマソングがあります。この時はこれ、あの時はこれというように、その曲ばかりを聞いています。

恋愛ごとにテーマソングを決めているのに、その中でもこの曲が一番思い出深い理由は、ひどい失恋をしていたときに聞いた曲だったからです。

突然、目の前が真っ暗になって、何も考えたくない。したくない。というような日々が毎日続いていました。

具体的な内容は書けませんが、今までで一番好きになった人に遊ばれ、もう恋愛はしたくないというような気持ちでした。

そしてそんな失恋後、この曲を実際に聞いたのは、横浜アリーナで行われたゆずのコンサートでした。

そのコンサートに行くことは前から決まっていたので楽しみにしていましたが、このコンサートはフラれた2日後だったので、かなり傷心状態でした。

もうこれは泣くなと思いながらも、コンサートに向かいました。案の定、泣いてしまいました。ゆずの奏でる演奏と、その歌詞に込められた思いを自分の気持ちに重ね合わせ、泣きました。

周りの人が引くくらいに号泣していたと思いますが、やっぱり一番泣いたのが「桜木町」でした。私も桜木町で結ばれ、桜木町でお別れをしたからでした。

b88cf21ec6fd9f655b32173612c98c88_s

横浜という街で育った私にとって、桜木町という場所はとてもお気に入りの場所でした。そのため、元から「桜木町」の曲は大好きでした。ただ、「桜木町」と私のエピソードがあまりにもリンクし過ぎていたのです。

コンサートが終わった後も、私はこの曲をずっと聞いていました。何度も何度も繰り返し聞くうちに、彼がもうここにはいないんだということを改めて理解しました。

さよなら もう 新しい明日へ歩き出した
最後の強がり きっとこれが2人のためだよね?

という歌詞を、ずっと繰り返し聞きました。そして「これでよかったんだ。もう前に進もう」という気持ちが徐々に湧き起ってきました。

この曲のおかげで私は、過去とお別れすることができました。「桜木町」は、私のほろ苦い失恋の思い出です。

 

Going [2001~2005]

2,500円
(2016.04.28時点)
posted with ポチレバ