LUNA SEA「NEVER SOLD OUT -CAPACITY ∞-」10周年にふさわしいスケールの大きいライブ

スポンサーリンク

思い出のライブとプロフィール

1982年生まれ 東京都在住 女性 グラフィックデザイナー
LUNA SEA「NEVER SOLD OUT -CAPACITY ∞-」
1999年5月30日 お台場特設ステージ

セットリスト

  1. LOVELESS
  2. ROSIER
  3. SHINE
  4. IMITATION
  5. END OF SORROW
  6. SLAVE
  7. 1999
  8. FACE TO FACE
  9. SANDY TIME
  10. GENESIS OF MIND
  11. BELIEVE
  12. DESIRE
  13. SHADE
  14. Dejavu
  15. STORM
  16. MOTHER
  17. PRECIOUS…
  18. WISH
  19. I for You

ライブにまつわる思い出

このLIVEが開催される2日前に、その季節では観測史上最大の嵐に見舞われ、ビックサイトの駐車場に作っていたステージが倒壊してしまい、LIVE開催が危ぶまれてしまった。

それでもなんとか危険がないように、スタッフやメンバーが尽力してくれて、なんとかLIVEを開催することができた。

当時まだ高校生で地元の福岡にいたが、前乗りで東京に行き、同じ高校の友達とLIVE当日の朝早くから会場へ行った。

結成10周年記念のこのLIVEは「capacity∞」と謳っているだけあって、チケットの売り切れが無いLIVEをやろうとメンバーが計画して実現したLIVE。

どれだけの人が集まるのか見当もつかず、席はブロック指定がしてあるだけのオールスタンディングだったので、15時開場だったのに、10時に会場に来た時点ですでに1万人以上は並んでいた。

そこからの待ち時間も長く、5月のわりにやたら炎天下で暑かったのを覚えている。ファンの皆さんが気をきかせてくれて、待っている間に出たゴミを自主的に回収している姿も印象深かった。

926-eyecatch

開場して始まるまでも、2時間ほどあったと思う。

実際のステージを見て、よくこれでスタッフさんに怪我も無く無事開催できたな、と思った。

時間になってどんな登場をするのかと思ったら、都心側から5機の機影が見えてきて、だんだんおおきくなってきて、それがメンバーを乗せたヘリだとわかると開場は一気に湧いた。

当時なかなか聞けなかった「LOVELESS」から始まり、10周年にふさわしいBESTな選曲。なかなか聞けない曲だらけで1曲1曲を大切に聞いた。

昼間は暑かった気温も夕方になると涼しくなり、海風も気持ちがよく夕焼けも綺麗だった。

ステージが倒壊したせいで、音響機器も照明機器もほとんどが使えなくなった中でのLIVEだったが、自然の演出がマッチしていて感動的だった。

帰りは13万人がなかなかハケず、会場から全く出られなくて終電を逃し、親戚のおじさんに車で迎えに来てもらったことまでいい思い出です。