Mr.Children「Stadium Tour -Hounen mansaku- 夏祭り 1995 空 [ku:]」帰りの車の中でキスをしたライブ

スポンサーリンク

思い出のライブとプロフィール

1975年生まれ 長崎県在住 男性 会社員
Mr.Children「Stadium Tour -Hounen mansaku- 夏祭り 1995 空 [ku:]」
1995年7月30日 海の中道海浜公園

セットリスト

  1. 虹の彼方へ
  2. メインストリートに行こう
  3. 【es】〜Theme of es〜
  4. 抱きしめたい
  5. Round About〜孤独の肖像〜
  6. フラジャイル
  7. ラヴ コネクション
  8. Dance Dance Dance
  9. 星になれたら
  10. everybody goes 〜秩序のない現代にドロップキック〜
  11. CHILDREN’S WORLD
  12. LOVE
  13. My Life
  14. Mr.Shining Moon
  15. 雨のち晴れ
  16. さよならは夢の中へ
  17. 君がいた夏
  18. 思春期の夏〜君との恋が今も牧場に〜
  19. innocent world
  20. and I close to you
  21. Tomorrow never knows
  22. シーソーゲーム〜勇敢な恋の歌〜

ライブにまつわる思い出

当時、大学2年生で福岡の大学に通っていました。

長崎出身でしたので、初めて一人暮らしをして、親元を離れての学生生活でした。

大学1年生の冬くらいに物流センターで、百貨店に納品される洋服などに値札を付けるアルバイトをしていました。

その時、2歳上の女子大に通うアルバイトの彼女と仲良くなり、いつしか親しい仲になって行きました。

友達として付き合い始めて半年くらいが過ぎた時に、人気絶頂のミスチルの屋外コンサートがありました。

何とかしてそのコンサートのチケットを購入し、彼女を誘って一緒に行く約束を取り付けました。

当時は、購入したてのスポーツカーに乗っており、その助手席に彼女を乗せて行くことに、非常にワクワクしていたのを覚えています。

コンサート会場に行くまでは、人込みをかき分けて行く必要があり、その時、初めて手を繋ぎました。

そしてコンサートが始まりました。屋外と言うこともあり、非常に開放的でした。

アンコールで「Tomorrow never knows」の曲が始まった頃には、屋外の指定席を離れてコンサートを見ていました。

ラスト直近で「シーソーゲーム〜勇敢な恋の歌〜」が始まると会場は、大盛り上がりでした。その後、フィナーレの花火が上がり、草っぱらの上で2人夜空を眺めながら、青春を満喫しました。

9b2dfee5afb529716d6e6d271572e624_s

帰宅時、車の中ではコンサート余韻を楽しむべく、ミスチルのオリジナルベスト集のMDを聞きながら帰りました。

その彼女は、コンサートではしゃぎ過ぎたのか、いつしか座席のシートを倒しながら、眠っていました。

その時、信号で止まった時に流れていた曲が「車の中でかくれてキスをしよう」でした。

その曲を聴いた後、どうしても彼女にキスがしたくなり、次の信号で止まった際にほっぺにキスをしました。

その後、自分の二十歳の誕生日に彼女からフラれてしまいましたが、大切な青春の1ページになっています。

今でもその彼女とは年賀状をやり取りする中ですが、もしもその彼女と結婚出来ていたらと考えさせるほどの、魅力的な女性です。