川嶋あい「compass」親友と深い絆を結ぶことができた一曲

スポンサーリンク

思い出の1曲とプロフィール

1993年生まれ 愛知県在住 女性 学生
川嶋あい「compass」

曲にまつわる思い出

この曲は、私が中学生の時に親友が引っ越してしまった時に、詩として渡した曲です。

その親友とは小学一年生からの友達で、中学生になっても仲良しでした。

運動音痴な私でしたが、部活選びの時にその親友に誘われて、バレー部に入部しました。

しかし、バレー部の練習はやはりキツく、運動音痴な私は劣等感を感じて部活がイヤになり、親友にあたってしまう時もありました。

そんな日々が続いたある日、「しばらく距離をおきたい」と親友に言われました。

それが嫌だった私は、親友に手紙を書きました。でもその手紙を最後に話す事もなくなってしまい、私は部活を辞めました。

そこから半年間、あれだけ毎日のように会い、交換日記も止まり、全く接しない日々が続きました。

524-eyecatch

そんな時、友達から親友が引っ越すとの情報を耳にしました。

何も聞いてない私は、親友を探しました。そうすると親友は、廊下で友達に囲まれて泣いていました。

距離を感じました。お別れを言いたくても言えない。今まで半年間も話してなかったのに……。と、私はその様子を遠くでただただ、見つめていました。

すると親友が、友人の囲いの中から出てきて、私の方に泣きながら抱きついてきました。

今までごめんね、と。それ以外は私も親友もただただ泣いていて、何を話したか覚えていません。

すぐに授業が始まったので、泣きながら授業を受け、前の席の子が慰めてくれていたのを覚えています。

親友は月曜に引っ越すとのこと。その日は金曜日で、日曜日に最後に遊ぼうと誘われました。

私の身勝手で半年間も話していなかったのに、最後の日に私と遊ぶ約束をしてくれました。

私はその日の夜、我慢できず母親の前で泣いてしまいました。そんな私に母も慰めてくれました。

最後の日、親友に手紙とCDを渡しました。そのCDが、川嶋あいさんの「compass」です。

別れても、遠く離れていても、一人じゃないと、また会える時まで頑張ろう、という歌詞です。

この曲は2人の思い出の曲となり、私は親友からのメール着信音は、「compass」のオルゴールに設定しました。

親友が引っ越してから9年、たくさんの手紙を交換し、たくさん電話をし、年越しは親友との電話で新年を迎えました。

毎年1回は帰ってきてくれるので、その時は必ず会い、写真とプリクラを撮っています。

出会ってから16年、私達は昔よりも深い絆を結ぶことができました。

 

足あと

2,000円
(2016.03.01時点)
posted with ポチレバ